ホーム>OFFICIAL BLOG>イーデルゴルフ シングルレングスアイアンの試打会に行って来ました。
OFFICIAL BLOG

イーデルゴルフ シングルレングスアイアンの試打会に行って来ました。

昨日は江坂ゴルフセンターで行われたイーデルゴルフのシングルレングス試打会に行って来ました。

201751319320.JPG

シングルレングスアイアンとは?

全番手が同じ長さのアイアン(37インチ#7の長さ)という画期的なアイアンに、まずゴルファーとして興味があり期待を込めた打ってみたいとの楽しみ的な気持ち半分、またクラフトマンとしていろいろな疑問点があり、不安要素を確かめたい気持ち半分で試打会に参加してきました。

疑問点というのは、全番手37インチという設定で、果たして短いロングアイアンがちゃんと飛ぶのか?、番手間の距離の違いがでるのか?

長いショートアイアンが引っかからないのか?球が上がりすぎないか?

通常ロングアイアンからショートアイアンにかけて重さ、硬さが徐々に重くなり、硬くなる事によって打ち易さ、振り心地が合うのがクラブですが、全番手が同じ重量、硬さで打ち易さ、振り心地が合うのか? などが気になり確認してみたかった点です。

打ってみた結果から言えばはとても良かったです。

試打のヘッドは#4、#6、#8、PW,SWとありました。

シャフトはシングルレングスアイアン用に設計された特別なシャフトで85g、95g、110gがありキックポイントが先(LIP)、中(MIP)、元(SIP)

のものがあります。

まず8番から打ちます、次に6番、次に4番を打つのですが、最初構えた時は短い4番に違和感がありますが、すぐに馴れます、馴れてくると逆に短さが安心感となるように感じました。距離も#6との20ヤードくらいの差がきっちりとでました。

次にPWを構えると今度は長く感じますが、これも馴れます。引っかかる感じもありません。SWは個人的意見ではありますが、グリーン回りでのアプローチで使用する事を考えると37インチというのは長すぎるかと感じました。

ロングアイアンとショートアイアンが長さが同じであるという点もヘッドの重量を合わせればまったく違和感がなく、逆にすべてのクラブが同じようにふれるのでシンプルなスイングを意識できます。

このアイアンの一番の良さを感じるのは、ズバリ、シングルレングスアイアン用の為に特別に設計された専用のシャフトです。

3種類の重さがあり、ちょっと味付けを変えた3種類のキックポイント、X,S,R,Aと4種類のフレックスがありいろいろと組み合わせて試して、結果が良いものを探ります。

僕の個人的なフィッティングでいえばシャフトはすべて110g#4は(MIP)で打つと球が低く(LIP)で打つと球が高くなりました、#5も高さを出したいので#4、5は110gの(LIP) #6、8は(MIP)でちょうどいい高さ、方向性だったので#6、7、8は(MIP) PWは(MIP)を打つとちょっと引っかかる感じがあり(SIP)の方が引っかからなかったので#9、PWは(SIP)と 自分自身のセットを製作することにしました。(今使用中のアイアンも気に入っているのでしばらくは二刀流になりそうです)

このように探っていくことにより、番手ごとの距離、方向性が合うアイアンセットになります。

他の特長として、ヘッドは柔らかい打感の調整可能な軟鉄鍛造、ライ角は58°~70°、ヘッド重量はバックフェースに2g~16gの8種類のウェイトがあるので264g~278gとさまざまなバリエーションが可能

長さは36~38インチが可能となっており、シングルレングスとうたっていますが、#5~7は37インチ、#8~PWは36.5インチというようにツーレングスにもできます、ヘッドウェイトの種類が多いのでバランスも自在

1本からの注文も可能なので短いロングアイアンが打ち易いと感じれば#4だけというのも可能、最近はロフトの寝ているUT等が多くなっていますで#7~PWとかも可能です。

とてもアイデアのある、よく考えられたアイアンです。

当店にあるさまざまなシャフトから選ぶ試打アイアンにこのアイアンを加えれば、さらにフィッテングの幅が広がると思いフィッティングキットの導入を決めました。

フィッテングキットが届きましたらお知らせします。

2017513225733.JPG

試打風景

2017513225839.JPG

     イーデル    トミー    オスター  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.tommy-golf.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/57

ページ上部へ