ホーム>注文の流れ>オーダーウッド編

オーダーウッド編

オーダーウッド編

オーダーいただいたドライバー・ウッドができるまでの工程を紹介いたします。基本的な流れはアイアンと同じです。

1. 試打クラブを使ってシャフトを決める

2017524224417.JPG

クラブで最も重要なのはシャフトです。

約80種類の試打シャフトをご用意しております。

ヘッドはP-tuneの可変式ヘッドです。こちらをご覧ください


アイアンと同様に試打してもらい一番振りやすいシャフトを選んでいただきます。

 試打クラブはこの写真以外にもたくさんございます。

2. ヘッドを決める

2017524224523.JPG

ヘッドは基本的にお好みでお選びいただきます。
見た目の好みや構えやすさ、打感や打球音などからおすすめのヘッドを提案させていただきます。

当店では現在信頼の置けるメーカーとしてエポン・バルド・ミステリー,ムジーク、カムイ、アキラ等のヘッドを中心に取り扱っております。

一番上の段のクラブは試打クラブです。

3. グリップを決める

 太さの違うサンプルグリップを実際に握り比べて決めていきます。

当店では6種類のサンプルを握り比べていただいてお客様にぴったりの太さを決めさせていただきます。
細め、太めなどにぎりやすい太さを探ります。
太さを決めていただいたら、メーカーやバックラインの有無、材質、色、コードの有無などはお好みで選んでいただけます。

太さの違うサンプルグリップを実際に握り比べて決めていきます。

4. 仕上げの重量や、長さ、バランスを決めます

お好みの長さや重さ、バランスを参考に聞かせていただきます。

5. シャフトの歪みをチェックし真っ直ぐなもののみ使用します

メーカーよりの出荷状態で曲がったものが含まれることがありますが、真っ直ぐな物のみ使用しています。

6. シャフトのスパインを計測し挿す向きを決めます

 シャフトが一番仕事をする向きが判ります。

センターフレックス測定器を使いスパインの計測をします。
 シャフトが一番仕事をする向きが判ります。

7. 仮組みして長さ、重さ、バランスと硬さを計測しておきます

仕上がりクラブのデータを目標とする数値にするために仮組みして計測しカットする長さなどをはじき出します。

8. ヘッドとシャフトを接着します

専用接着剤を用いて慎重に接着していきます。

9. シャフトを切ります

仕上げの予定通りの長さ、バランスになる事を確認しながらシャフトを切っていきます。

10. グリップを挿す

3.で決定したにぎりやすいグリップの太さになるように下巻きテープを巻き、細くする場合は伸ばし具合を考慮してグリップを挿します。
前もってフック・スライスの度合いをお聞かせいただいて挿すこともできます。

11. 最後にクラブごとに実際のスペックを計測します

クラブごとに実際のスペックを計測します。

ウッドクラブ測定チャート表です。

12. 完成したクラブセットと一緒に計測したデータを一覧にしてお渡しています

ページ上部へ