ホーム>ゴルフクラブセッティング事例>重量級>N・T様のKBSツアーSセッティング
重量級

N・T様のKBSツアーSセッティング

N・T様のKBSツアーSセッティング

※クリックで拡大します。

N・T様のKBSツアーSセッティング

※クリックで拡大します。


 

まずはアイアンから いろいろ試打した結果KBSツアーSを逆番手ずらしに(番手硬め)

ヘッドは藤本技工のHIAマッスル バックフェースをご自身で考えたデザインに仕上げました。

ウェッジですが、まずPWのロフトが45°、もともとお使いだったのがのアキラH552、558にH554を加え52°を50°にして、54°と58°でPWからのロフトピッチを5°、4°、4°としました。

今はPWがストロングロフトなものが多くウェッジ3本体制は最近多いです。

次にドライバー ヘッドは以前から使用しているお気に入りの小ぶりなバルドVT311 シャフトは試打の結果からレッジオフォーミュラM65Sにリシャフト

FWは安定性を求め、3Wではなく5Wに、ただし3WっぽくしたいのでヘッドはロマロのTYPE-R 5W+ の立っているヘッドをチョイス

シャフトは試打の結果から好印象であったアッタスFW75Sをチョイス

次にUTは5Wより10~15ヤード飛ばないイメージとの事で、ロマロのTYPE-R UT18°をチョイス

シャフトはアッタスHY350 95Sに 他のクラブと近いイメージで打てます。

もう1本のUTは 3.5番アイアン的なイメージでロマロiブリッド23°に、シャフトはアイアン同様KBSツアーS

フルショットから軽めに合わせ打ちで#3~#5アイアンくらいの距離に対応できるクラブになります。

 

2015615161153.JPG
201561516942.JPG
2015615161051.JPG
ページ上部へ