ホーム>OFFICIAL BLOG

OFFICIAL BLOG

シングルレングスアイアン アルバに掲載

当店でも取扱いのあるイーデルゴルフのシングルレングスアイアンが今週号のアルバに掲載されていました。         当店にはフィッティングキットがありますのでご興味がおありの方はご予約のうえ、ご来店ください。 その場合は今お持ちのアイアンと打ち比べての比較が重要ですので、今の使用中のセットもお持ち下さい。   ...続きを読む

エリート限定スタンド式キャデイーバッグ

エリートの各色限定100本のキャディーバッグを入荷しました。 ブラック、ゴールド  ¥95,040円(税込み) ブルー、メッキ   グリーン、メッキ  ともに¥73,440円(税込み) 結構かっこいいです。 遠方の方もオンラインショップからの購入が可能です。 オンラインショップはこちら ご興味がおありの方はご連絡下さいませ。 ...続きを読む

エポンゴルフAF905HYB

すこし遅くなりましたが、先月末に発売されたユーテリティーヘッドAF-905HYBを紹介します。 前作AF-903より後ろ側がやや膨らんだ印象です。大きめで、スクエアフェースで安心感のある顔です。  左がAF-905HYB24°    右がAF-903HYB23° 903の方がやや小ぶりです。捕まりは905の方が良いので、 捕まえたい方は905、捕まりを抑えたい方は903というチョイスで良いかと思います。 ...続きを読む

イーデルシングルレングスアイアンフィッティングキット到着

先日イーデルシングルレングスアイアンのフィッティングキットが到着しました。 紹介サイトを製作しました。 こちらをご覧ください。 早速何名か打っていただきましたが、斬新さが好評です。 ご興味がおありの方はご連絡下さいませ。   ...続きを読む

M様のダイナミックゴールドS200からの変更アイアンセット製作

先日完成したM様のアイアンセットを紹介します。 M様は以前MP-53にダイナミックゴールドS200が装着されたものを当店でばらして、組み直したものを使用されていましたが、最近クラブが重く感じるようになり、新たにアイアンを製作したいとご依頼をいただきました。     ダイナミックゴールドが重いから換えるのにおすすめシャフトは何ですか?  とても多い質問です。 私はいつも答えます。 「おすすめシャフトはいっぱいありますが、何が合う ...続きを読む

イーデルゴルフ シングルレングスアイアンの試打会に行って来ました。

昨日は江坂ゴルフセンターで行われたイーデルゴルフのシングルレングス試打会に行って来ました。 シングルレングスアイアンとは? 全番手が同じ長さのアイアン(37インチ#7の長さ)という画期的なアイアンに、まずゴルファーとして興味があり期待を込めた打ってみたいとの楽しみ的な気持ち半分、またクラフトマンとしていろいろな疑問点があり、不安要素を確かめたい気持ち半分で試打会に参加してきました。 疑問点というのは、全番手37インチという設 ...続きを読む

イーデルゴルフの取り扱いを始めました。

イーデルゴルフの製品の取り扱いを始めました ご紹介します。 まずオーダーパターのご紹介です。 こちらをご覧ください。 次にウェッジを紹介します。 ヘッドは3種類あります。 特長は こちらをご覧ください。 ハイバウンス設計がとても使いやすいヘッドです。 画像はDVR58°バウンス角20°  バウンス角が20°と聞くとバウンスがありすぎて弾かれそうなイメージですが、画像の黄色部分が20°です。リ ...続きを読む

今年最終日

今日が今年最後の営業日となりました。 年始は6日(金)からの営業とさせていただきます。 皆様良いお年をお迎えくださいませ。   ...続きを読む

デザインチューニング メビウス ゼロへのリシャフト

デザインチューニングから発売された新感覚シャフト メビウスを紹介します。 参考動画 https://youtu.be/kBYQr_CaTCU 特徴は、①重くてしなりながら、②低トルク設計、③1フレックスという3本柱です。構造的には高弾性素材と中弾性素材の組合せで、巧みな1フレックスを実現。しなりを感じながらも、低トルクゆえの安定した挙動が特徴となっています。 通常発売は2月ですが、デザインチューニング特約店の当店では先行して1 ...続きを読む

10周年

当店は12月10日で10周年を迎える事ができました。 これも皆様のおかげと心より感謝いたしております。 振り返ってみると、とても早かった10年でした。 ゴルファーに打ちやすい最適なクラブを提供したいと思い始めたこの仕事。 昔は大手のヘッドに純正シャフト、純正グリップが当たり前で、「それを打てるようにしてくださいよ」 という風潮でしたが、本来はヘッド、シャフト、グリップをその人のスイングに合うように各パーツの性能、特徴を 理解し ...続きを読む
ページ上部へ