コンテンツ

イーデルパターフィッティング

当店で導入しているイーデルゴルフパターフィッティングッティングを紹介します。

まずイーデルパターとはどのようなものなのか?

こちらをご覧ください

普通にそのまま売られているパターを購入してそれに合わせて打つのではなく、自分自身の構えや癖や特徴を理解してさまざまな長さ、ライ角、ネック形状、グリップ、総重量を試し、自分に合う最適なパターを製作していきます。

どのようにフィッティングしていくかを紹介します。 まずヘッドを決めます。         


ヘッドは4種類


EAS-1.0 

オーソドックスなピンタイプ 目標に対して押し出す方におすすめの形状 細い形状ながらトルクバランスの特性でストロークが安定します。


EAS-2.0 

ボトムに幅を持たせたオールラウンドタイプ 引っかけが怖いゴルファーにおすすめの形状 ボトムエンドの半円形状はパター中央を狙っており方向性を取りやすくしています。


EAS-4.0 

角型マレットタイプ マレットの曲線とブレードの直線を融合した形状 2本の角型形状は中央部分に直線を持たせる事で方向性を取りやすくしています ショートパットでの引っかけミスを軽減 


EAS-5.0

オーバーマレットタイプ EASシリーズ最大のマレットタイプは、より安定を求めたいユーザーにおすすめ 半円形状の中に直線部分を持たせる事で方向性を向上 ショートパットでの引っかけミスを軽減

 


 

これらの特長を理解して、自分の好み等を考慮してヘッドを決めます。

次に目標に構えられるライ角、ネック形状、長さを決めます。

 

2017417234934.JPG

イーデルパターは9種類のネックがあります。

ライ角は68° 70° 72° の3種類

ネック形状はノーオフセット(ストレートネック)

フォワードオフセット(グースネック)

バックセット(逆グースネック)

の3種類で3x3の9種類となります。

 

 

20174180047.JPG

ノーオフセット

このネックがベースとなります。

20174180132.JPG

フォワードオフセット

左を向きやすいネックです。

20174180217.JPG

バックセット

右を向きやすいネックです。

201741802155.JPG

長さは37インチから1インチずつ32インチまであります。

フィッティング用シャフトはすべてラウンドグリップ

201741802241.JPG

グリップは4種類(上から順に)

クラシックグリップ70g

MIDグリップ85g

BIGDOGグリップ120g

ラウンドグリップ100g

 

20174180370.JPG
201741803748.JPG

 ヘッド、ネック、シャフトを組み合わせ、構えやすい長さ、方向性を確認していきます。

2017418165453.JPG

方向性の確認にレーザーポインターを使用します。

ボールにレーザーをあてます。

2017418165547.JPG

フェースに反射板を貼り、レーザーポインターをカップと想定して構えます。

2017418165949.JPG

ボールをよけるとフェースに貼った反射板にレーザーがあたり

スクリーンに映ります。

201741817039.JPG

カップ真上のこのくらいの高さを指すのが理想です。

2017418175839.JPG

これは左を向いています。

2017418175916.JPG

これは右を向いています。

201741818757.JPG

理想よりやや左、やや下 このパターンが多いです。 向きがあってないものをそのままカップ方向にあわせてみると開いて見えたり、かぶって見えたりして構えにくいです。 自分の構えやすいように構えて9種類のネックから方向性の良いものを探していきます。

パターに構えをあわせるのではなく、自分の構えにあうものが探せるのがイーデルパターの良いところです。

 

ライ角、ネック形状、長さが決まったら次にラインデザインを決めます。

ラインデザインは重要です。いろいろ試して目標がとりやすい、構えやすいものを探します。

2017418205049.JPG

専用の道具でサイトラインを入れます。

2017418205142.JPG

シンプルに

2017418205219.JPG

ライン多目

201741821323.JPG

ドットもできます。

20174182144.JPG

ヘッド上側(トップ)にラインを引くとロフトが立ち、右を向く傾向があります。

201741821444.JPG

ヘッド下側(ボトム)にラインを引くとロフトが寝て、左を向く傾向があります。

2017418211347.JPG
2017418211429.JPG2017418211518.JPG

  いろいろなバリエーションを試して目標に構えやすいラインデザインにします。

ここまでのフィッティングで目標に構えやすいパターになりました。

ここからはストロークが安定してタッチが合うように重量を合わせていきます。

重量はヘッドとシャフトで合わせます。

 

2017419183642.JPG

ヘッドには3種類のウェイトがあります。

ヘッド重量は6g装着で339g、12gで345g、21gで354g

となります。

2017419183732.JPG

これはオプティパイプといいシャフトの中に入れます。

30g 50g 75g  があります。

2017419184742.JPG

専用の器具に装着して

2017419184847.JPG

グリップエンドから入れます。

2017419184923.JPG

固定する位置によってフィーリングが変わります。

ヘッド方向に固定すればヘッドが浮きにくく低く長いフォローが取れるイメージが出せます。

2017419184951.JPG

グリップエンドに近い位置に固定すると重さを感じます。

2017419185241.JPG

さらにカウンターで重くすることもできます。

(この画像ではグリップから出ていますが、製作の場合はグリップ内に収まります)

2017419185159.JPG

40g 60g 90g 110g  の4種類のカウンターが可能です。

 

 

特にイーデルパターの良さはグリップ側の重さをかなり重くできる事です。

グリップ側が重くなるとストロークが安定します。

ヘッド、グリップさまざまな重量バリエーションで試してタッチが合うものを探していきます。

 

2017419194710.JPG

3m先にひもを置き距離感を確認

201741919481.JPG

重量が重すぎる、軽すぎるでは、ストロークがゆるんだり、強く入ったりでタッチが合いません。

2017419194851.JPG

最適な重量であればストロークが安定してタッチが合います。

 

いろいろなことを試し、約1時間くらいかけてフィッティングします。

パターが苦手、お悩みの方には、おすすめできるフィッティングです。

価格は¥79,000円(税込み)となります。

フィッテイングは予約制となっておりますので当店HPの予約サイトかお電話にてご予約下さいませ。